遺言書の重要性

遺言書とは、被相続人(遺言者)の意思を相続人に伝える為の書面です。 その主な内容は、遺産の分割方法の指定や、遺言執行人の指名、被相続人の付言事項等です。 遺言という言葉は、テレビドラマや漫画等で耳にした事はあると思いますが、 単に書面にするだけの簡単な物ではありません。 日本では、民法に遺言書に必要なルールを規定しており、これに背く遺言書は無効となる場合があります。 また、遺言書にも種類があり、ご自分の希望に沿う遺言書を選択する必要があります。 未だに遺言書は世間では軽視されがちであり、作成されるケースはまだ少ないです。 恐らく、対した財産は持ち合わせていないという考えが原因かと思われます。 普通乗用車の名義、賃貸契約の権利、葬儀の方法、預貯金の引き出し、 例え、小さな財産だとしても、これらを相続人間の協議なくして、 取り決めることは出来ません。その為、ご自分の財産に関しては、 最期に整理し、管理・処分を検討する事が必要なのです。 弊所でもこれまでに悲しい相続人達を目にしてきました。

  • 遺言書のない事により遺産の争奪、協議はまとまらず裁判になり、絶縁。
  • 相続人間の中で一番献身的に被相続人の介護に努めたにもかかわらず、
    被相続人と疎遠の仲にある他の相続人と、同価値での報われぬ相続。
  • 被相続人と口約束のみで遺言書もなく、結果、他の相続人達と共同相続。
  • 自作で遺言書を作成したものの、内容の不備により、結果、相続争い。
このように、遺言書は軽視できない重要な物なのです。 被相続人の人生の締めくくり、最期のお仕事だと私は考えます。 上記の様なケースをいくつも目の当たりにすると、 『無責任だ』と思う事も、正直な所ありました。 残された相続人達の関係は崩壊し、残された財産は途方に暮れます。 きっと、相続以前はもっと素敵な笑顔で過ごされていたのかと思います。 笑顔も、これまでの兄弟仲、絆、円満な関係を失わさせない為にも、 親として、はたまた祖父母として、相続人達をあるべき姿のままで 導いてあげる事が大切だと思います。 弊所は遺言書の作成を強く推奨致しております。

相続発生後

遺言書がある場合でも内容に不備があれば、その分、相続人達の負担となります。 例えば、遺産をそれぞれ分割指定していたとしても、その手続きを誰が行うか。 内容によっては、平日昼間に関係機関に行く必要があったり、必要な書類をかき集めたり、 意外にも遺言の内容を執行する事は大変な作業です。 また、この遺言執行人を定めていなかった場合、遺産を好きに使用されないかという不安から、 他の相続人も執行人に名乗り出る場合もあります。 こういった場合には、代表者を定める協議書を作成しなければなりません。 関係機関も代表の定まらない状態で、やって来た相続人に全てを託す訳にもいきません。
次に、遺言書の無い場合です。 遺言書の無い場合は、遺産分割協議書の作成が必要になります。 これが無ければ、不動産の名義変更も銀行の預貯金の引き落としも、上記にある理由から 相手にされません。 それぞれの相続人が、同じ考えならば良いのですが、私の経験上、そういう円満な相続は 滅多にお目にかかれません。 それぞれがそれぞれの主張を行い、協議がまとまらない事の方が多いです。 協議がまとまらない場合は、裁判となります。 勿論、裁判とならない場合もあります。 裁判とならない理由として考えられるのが、裁判の費用や期間等を考え、 嫌煙してしまうのでしょう。 遺産の管理も行わずに放置していると、例えば不動産であれば、国庫に帰属してしまいます。 つまり、国にとられてしまう事になるのです。

遺言・相続・家系図でお困りのことがあればお気軽にお問合せ下さい。
お問合せのみ、大歓迎です。

営業時間

平日9:00〜17:00

休業日:土日・祝日

休業日・営業時間外でも、転送電話で対応出来る場合がございます。 お気軽にお問い合わせ下さい。

【TEL】
092−260−1818

事務所情報

【ウィズ行政書士事務所】
福岡県の遺言作成専門家


 TEL・FAX:092-260-1818
 〒812−0018
 福岡県福岡市博多区住吉2丁目
 15番10−カーサ博多212